YCT試験の概要

YCTは筆記試験と会話試験の2つに分かれ、それぞれ互いに独立しています。筆記試験にはYCT(1級)、YCT(2級)、YCT(3級)そしてYCT(4級)があり、会話試験にはYCT(初級)とYCT(中級)があります。

筆記試験 会話試験
YCT(4級) YCT(中級)
YCT(3級)
YCT(2級) YCT(初級)
YCT(1級)

筆記試験 級の一覧表

難易度 試験の程度 試験内容
聞き取り 読解 応用

1級
最もよく用いられる中国語の語彙と文を理解し、使用することができ、さらに中国語を学習する能力を備える。(80語程度)

総得点120点が合格ライン。
20問、約10分。音声は2回。
100点満点。・第一部(5問)―単語と絵の一致。・第二部(5問)―フレーズと絵の一致。・第三部(5問)―文と絵の一致。・第四部(5問)―会話と絵の一致。
15問、17分。100点満点。

・第一部(5問)―単語と絵の一致。

・第二部(5問)―文と絵の一致。

・第三部(5問)―絵を見て会話を完成。

無し
試験時間は35分間(聞き取りの回答記入時間3分、受験者個人情報記入時間5分間を含む)

2級
非常に簡単な単語と文を使うことができ、具体的なコミュニケーションの必要を満たすことができる。(150語程度)

総得点120点が合格ライン。
20問、約15分。音声は2回。
100点満点。・第一部(5問)―フレーズと絵の一致。・第二部(5問)―文と絵の一致。・第三部(5問)―会話と絵の一致。・第四部(5問)―質問に合う答を選ぶ。
20問、27分。100点満点。

・第一部(5問)―フレーズと絵の一致。

・第二部(5問)―会話と絵の一致。

・第三部(5問)―質問に合う答えを選ぶ。

・第四部(5問)―会話に合う答を選ぶ

無し
試験時間は50分間(聞き取りの回答記入時間3分、受験者個人情報記入時間5分間を含む)

3級
よく知られている日常の話題について簡単で直接的なコミュニケーションができ、初級中国語の上等のレベルに相当する。(300語程度)

総得点120点が合格ライン。
35問、約20分。音声は2回。100点満点。

・第一部(10問)―文と絵の一致。

・第二部(10問)―会話と絵の一致。

・第三部(10問)―会話を聞き質問を見て答を選ぶ。

・第四部(5問)―会話を聞き質問を聞いて答を選ぶ。

25問、30分。100点満点。

・第一部(5問)―会話と絵の一致。

・第二部(5問)―文と絵の一致。

・第三部(5問)―質問に合う答を選ぶ。

・第四部(10問)―会話の空欄を補充

無し
試験時間は60分間(聞き取りの回答記入時間5分、受験者個人情報記入時間5分間を含む)

4級
生活、また学習において基本的なコミュニケーションができ、中国旅行の際に出会う多くの場面において中国語で受け答えすることができる。(600語程度)

総得点180点が合格ライン。
40問、約30分。音声は2回。100点満点。

・第一部(10問)―会話と絵の一致。

・第二部(10問)―文と絵の一致。

・第三部(10問)―会話を聞き質問を見て答えを選ぶ。

・第四部(10問)―文を聞き書かれた文の正誤を判断。

30問、30分。100点満点。

・第一部(5問)―文と絵の一致。

・第二部(10問)―対応する文を選ぶ。

・第三部(10問)―会話の空欄を補充。

・第四部(5問)―長文を読み質問の答を選ぶ。

10問、15分。100点満点。

・第一部(5問)―単語を文に組み合わせる。

・第二部(5問)―文の空欄を補充。

試験時間は85分間(聞き取りの回答記入時間5分、受験者個人情報記入時間5分間を含む)

会話試験 級の一覧表

私は、テキストブロックです。このテキストを変更するには、[編集]ボタンをクリックします。ここからはテキストブロックの例文が並びます。テキストを入力する場合これらを消去して入力してください